IIO shapes '17CONCEPT FAQ CONTACT
CONCEPT backnumber'15'14'13'12'11'10'09
'11CONCEPT
2011年モデルについて
今では小学生から60代のサーファーまで幅広く、多くの人が楽しんでいます、それぞれに合うサーフボードデザインが必要です、コンペ志向には「ターンの速さ」を重視した、機敏性を追求したデザインともう一方で限られた休日を海で楽しく過ごしたい方には「テイクオフの速さ」に重点を置き、安定性とスピードを重視したシェィプデザインです。数年前まではボードが薄くロッカーの強いボードが主流でしたが、今では、短く、広くやや厚めのボードに変わってきています。ボードが短くなっている分、テイクオフは重要なポイントになっています、下記のシェィプデザイン中から自分に合うタイプを選んでください。
 
2011年モデルタイプ ※写真をクリックすると拡大写真が表示されます
C. ショートボード(FSDC) スカッシュ(バンプ)、フィッシュ
「余裕のテイクオフと攻めのサーフィンを」
2011年モデルは、テイクオフの速く、ターンのポジションにいち早く到達し、ライディングに余裕ができるようにシェィプデザインを全体的なバランスを前にして、ボリュームを付けています、ノーズをやや厚めにノーズロッカーを抑えたデザインです。

(178cm~183cm×46.5cm~48cm×5.7cm~5.9cm)
D. ショートボード(FSDV) スカッシュ(バンプ)、フィッシュ
「回転性とスピードの融合」
ボードの短さで回転性を出し、ローロッカーと薄いシングルコンケーブとVボトムの採用で厚つくテイクオフを速くして、スタンディングポジションを前にして、レールはややダウンレールにしてスピードを追求するデザインです。

(170cm~183cm×47cm~48cm×5.8cm~6.0cm)
 
ベーグル、ベーグルエアー(FSV) フィッシュ
ベーグルデザイン
「誰でも驚くテイクオフの速さ」

「テイクオフが遅くなったなあ」感じる人にピッタリのデザインです、テイクオフが速いのでホワイタウォーターは見当たりません。小波でも積極的にアプローチができ、楽しいサーフィンができます。

ベーグルエアー
「もう少し回転性があるといいなあ」

ベーグルより回転性を重視したデザインでノーズ、テールをやや狭くして、テールロッカーをアップし、ベーグルのテイクオフの速さを生かしたボードです。

(174cm~183cm×49cm~54cm×6.8cm~7.0cm)
ベーグルコア(F+VEE) スカッシュ、ラウンド
「ベーグルデザインの最終章」
アウトラインについては普通のショートボードに近くして回転性を強くして、テイクオフの速さに重点を置くので重心を前にセッティングし、NE50を使用して更にテイクオフが速くして、ボトム形状はコンケーブを入れず、フラットボトムとVEEの組み合わせで安定性とスピードを融合させたデザインです。

(170cm~180cm×48cm~51cm×6.1cm~6.5cm)
ファンボード (FSDV、F+VEE) スカッシュ、ラウンド
「ロングのテイクオフとショートボードのマニューバ」
のんびり乗りたいけどマニューバを楽しみたい方にピッタリのボードです。 ノーズ幅、テール幅の微調整により、マニューバを楽しむ方はバランスを中央に、安定性を求める方はやや前方にバランスを移動することでテイクオフの速い安定性のあるボードがデザインできます。

(210cm~230cm×51cm~54cm×6.5cm~7.2cm)
ロングボード (VDC、F+VEE) スカッシュ、ラウンド
FLAT+VEEタイプ
「ゆったりしたサーフィンと一瞬の鋭さを」

このデザインは、ノーズ、テールを薄くして、ノーズロッカーを抑えて、テールロッカーをややアップして、テイクオフを速く、素早いターンのマニューバができるように、フラットボトムと全体的なVEEを入れたマニューバを重視したロングボードです。

VDCタイプ
「ゆったりしたサーフィンを」

ノーズ、テールを広く、全体的にVボトムを入れ、フィンエリア付近にダブルコンケーブを入れ、動きを軽くします。前後の体重移動がしっかりできればテールのピボットターンも容易で、ノーズライドには抜群の安定性を求めたデザインです。

(275cm~280cm×53cm~56cm×6.8cm~7.5cm)
 
フォームシステムについて
NE50・80シリーズについて
「今一歩のスピードを」
誰でもが「今一歩ターンが伸びたら抜けられたのに」と思う方は多いでしょう。EPSの反発力とノーマルフォームの安定性を合わせた、飯尾独自の考案したシステムです。
この浮力差を利用して、ターンのスピードを増し、返しの速さにもなります。多くのライダーやユーザーから高い評価を受けています。 ショートボードからロングボードまで、各種タイプに対応できます。
EPSサーフボードについて
「軽さとスピード追求」
EPSの軽さと反発力の強さを使い、スモールウェーブに信じられないスピードとマニューバができ、ショートボードからロングボードまで、各種タイブに対応できます。