SURFBOARDS
BAGEL

ベーグル
ベーグルは、「テイクオフがいつもレイト気味になり、やりたいことができない」そんなあなたに、満足いただけるデザインです。
ベーグルの基本設定は、センターより前の最大幅、ロッカーを極力抑え、安定感と横へのスピードを重視した厚いボードです。
ボトム形状はVボトムにセンターからフィンエリアまでシングルダブルコンケーブが薄目に入っています。

2018年モデルはテイクオフの速さとショートボードの感覚を味わえるデザインで昨年よりもノーズがややシャープになりました。 アウトラインは全体的に広く、厚くて、レールはミディアムレールです。テールロッカーをややアップしてマニューバー性能を高めています。

Popular Dimensions (cm)
Length Width Thickness 適正体重
175 54 7.0 60kg
178 53 6.8 65kg
183 53 6.8 70kg





ベーグルエアー
IIO SHAPESのベスト3に入るベーグルエアーデザイン。
鳥羽真吾さんと共同開発したベーグルが10年を経て、3種類のベーグルデザインに発展しました。
その中でも中心に位置するのがベーグルエアー(Bagel Air)。
基本設計は、マニューバを描ける回転性を重視したデザインにテイクオフの速さを維持したボードです。レール形状は技量と体重によってミディアムからミディアムローで幅広いレベルに対応。

2018年ベーグルエアーはテイクオフが速く、ポケットデザイン同様にマニューバ性能を重視したデザインに改良しています。
ノーズラインをスマートにし、センターエリアを少し広げたアウトライン。
シングルコンケーブを長く深く入れ、テールエリアにはダブルコンケーブ、ユーザーの技量に合わせてテールVEEは変更。
ノーズロッカーはノーズよりをアップし、テールロッカーをやや強めにアップセット。
170cm前後のベーグルエアーはパンプウイングをセットするとセンターからテールにかけて平行なラインが増し、より加速感を感じます。またウィングからエンドテールにかけては狭くできるので回転性も増します。

EPSを使用することでボードの軽さとマニューバ性能は高まりますが、コントロール性には技量が求められます。
EPSには3Dクロスを使用し適度な重量を与えること、ベーグルエアーにはデッキパッチ1層を勧めます。

Popular Dimensions (cm)
Length Width Thickness 適正体重
173 53 6.9 60kg
176 52.5 6.6 65kg
180 52 6.4 70kg